実績紹介


//

所沢市 狭山市 ウレタン防水工事 通気緩衝工法

所沢市 狭山市 ウレタン防水工事 通気緩衝工法 After

防水工事施工前 Before

作業・施工内容

HNT自着シートの商品の特徴

 

1.雨養生が容易
表層に特殊な撥水フィルムを加工しているので、突然の降雨対策が万全です。
降雨後、水分をふき取ることですぐにウレタン施工が可能です。

2.強靭なシート構造
補強布入りの構造で下地と確実に接着し、従来の密着工法よりも下地の挙動によるひび割れ等に追従、下地の動きを緩衝し、防水層の破断を防止します。

また、ジョイント部分はシートの両端部の厚みが極めて薄く、仕上がりの段差が目立ちません。

3.施工性が大幅にアップします。
裏面粘着面(自着層)があるので、接着剤の塗布、オープンタイムの必要がありません。

プライマー等施工後直接HNT自着シートを施工できるので施工が簡易になり、施工時間も大幅に短縮できます。

 

4.防水層のふくれ防止
裏面のストライプ状の改質アスファルト粘着層が通気溝となり、下地からの水蒸気を拡散し、併設する脱気筒から外に排出します。

脱気筒を組み合わせるHNT自着工法で信頼性の高い防水性能が発揮されます。

 

エリア

埼玉県

施工箇所

屋上防水

施工内容

屋上防水:通気緩衝工法

使用材料

下塗り・フローンプライマーH

下地調整:ミラクファンド下地調整材

自着シート:HNT自着シート

フローン#12

トップコート:スーパートップ遮熱

施工期間

90㎡で10日間

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ホソダ . All rights Reserved.