ブログ一覧


ウレタン防水

ウレタン防水とは?

 

ウレタン防水とは、ベランダ床などに液体状のウレタン樹脂を厚めに塗り乾燥させて防水膜をつくる工法です!

 

メリット

 

① 形状や材質等を問わず施工が出来ること

 

② 防水層が軽いため建物への負担が少ないこと

 

デメリット

 

① 耐久性が低い(紫外線に弱い)

 

② 塗りムラが起こりやすい

 

ウレタン防水3つの工法

 

① 通気緩衝工法

 

通気緩衝工法とは、完成後のウレタン防水層の内部の水分・湿気を後か取り除く(逃がす)ことができる工法です!床面に通気緩衝シートを敷いた上に塗り固めていきます。脱気筒というものをシートに取り付けて、内部の湿気を取り除いていきます。これにより防水層の湿気によるっ膨れを防ぎます。

 

② メッシュ工法

 

メッシュ工法とは、床面にメッシュシートを敷き、ウレタン樹脂を塗る工法です!密着工法よりも耐久性は増します。ただ、通気緩衝工法のような効果はありません。

 

③ 密着工法

 

密着工法とは、床面に直接ウレタン樹脂を塗る工法です!脱気筒を取り付ける必要がないので、場所問わず施工ができます。

 

 

ウレタン防水が必要?

 

ウレタン防水が必要なタイミングは、何点かあります!

 

① 塗装の色褪せ

 

② 塗膜の膨れ

 

③ 塗膜のひび割れ・剥がれ

 

④ 雨漏り・水が溜まる 

 

⑤ 下地の剥がれ

 

これらの要因が当てはまる場合は、防水工事が必要かもしれません。特に雨漏り、下地の剥がれに関しては、防水性能が完全に失われているので早急に防水工事をオススメします。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ホソダ . All rights Reserved.