ブログ一覧


FRP防水

FRP防水工事

 

FRPとは?

FRPとは、繊維強化プラスチックの略称です。住宅のベランダ防水等に使われるFRPは、ガラス繊維を混ぜてあるプラスチック樹脂です!

FRP防水とは、コンクリートや木材で作られている床面にFRPのガラスマットを敷いてその上に樹脂を塗り硬化させる工法です!

プラスチックのような硬さの床面になります。

その上にトップコートを塗布します。

 

メリット

 

① 耐久性が高い

 

FRP防水の床面は、硬くて丈夫な仕上がりのため、耐荷重、耐摩擦にかなり優れています。そのため、屋上の駐車場等に使用されています。

 

② 高い防水性

 

水を通さない力は、他の防水工法よりも高い防水性をもっています。FRPは、お風呂の浴槽など、防水性が求められるものにも多く使われています。

 

③ 防水層が軽量

 

FRP防水層は、他の防水層に比べて軽量なのです!

 

④ 工期が短い

 

FRP防水は、塗膜の乾燥が早いのが特徴です。トップコートを塗り重ねる工事でも1~3日に程度で防水工事が終わります。

 

デメリット

 

① 施工場所が選ばれる

 

 

② 施工費用が少し高め

 

 

FRP防水工事の工程

 

① 床面掃除

 

② プライマー塗布

 

 

③ FRPシートを敷く

 

 

④ ポリエステル樹脂で硬化

 

 

⑤ トップコート塗布

 

 

劣化のサイン

 

① トップコートにひび割れしている

 

 防水層の剥がれ・浮き

 

③ 雨漏りしている

 

①の場合は、すぐに防水工事が必要ではないですが、いずれ必要になってくるサインです!②の場合は、規模により部分的補修か下地の補修から施工する場合があります。

 

③は、早急に防水工事をオススメします。

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 株式会社ホソダ . All rights Reserved.